五味ちゃん先生の診療日誌

患者さんが毎日を明るく、楽しく過ごせる一助になりたいと願っています

3.11 [日々雑感]

5年前の3.11

Sちゃんとファミレスで久々の再会を喜び会った瞬間に大きな揺れに見舞われました

小さなテーブルの下に隠れる男2名

「哲也さん、哲也さん、見てくださいよ!隣のあのおばちゃん、この揺れでもハンバーグ食べてますよ!」

こんな緊急時にも笑いに変える関西人のSちゃん

国連職員をめざして、少しでも世界を良くしたいと語っていたSちゃん

私にとっての3.11は、この数年後に亡くなったSちゃんを強烈に思い出させてくれ、鍼灸という小さな世界だけど、彼の分まで一生懸命に生きようと思わせてくれる日でもあります

Posted by 五味哲也 at 21時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

シリアの今 [日々雑感]

日本にあるモスクに初めて行ってきました。

NHKも来てたのでニュースかなんかに流れるのかな。

シリアを支援しているNGOのシリア人医師が現地の様子をお話してくれました。大半はNGOの活動内容で、現地の様子をもっと知りたかったのが率直な感想。

しかし、現地の動画はリアルでした。

医療支援のNGOなので医療に関しての情報が多かったです。

・175の医療施設に200以上のアタックがあった
・6000名の医師が今は70人しかいない
・先週だけで5つの病院が破壊された(おそらくロシア空軍とアサド政府による)→地下に病院を作りたいがコストが膨大
・人口の半分は難民になっている
・ISはすべてを管理するのでIS支配地域では医療活動はできない→金銭・人・すべてを管理しようとするのでこちらの理念通りに活動できない
・ISの支配地域の病院は麻酔系の薬を持ち去る為に仕事ができない

僕らができることは常に関心を持ち続けることだと思います!

ナツメヤシをお土産に頂いたり、チキンカレーを御馳走になったりしました。

隣ではチャリティーバザーをやっていたので、シリアのお菓子と「神は一人なり」と書いているらしい、置物を買いました。これは治療院に飾ろう。


それにしても、鍼灸師のI先生「鍼灸師でも何か、現地でできることはありますか?」の質問に
まず、鍼灸って何?英語で何ていうの?という所からの説明。
Dr「シリアは非常に危険だけど、トルコやヨルダンでは活動できるでしょう。まずは連絡下さい」とのこと。

いつもながらI先生の突破力はすごいです。

鍼灸はイラク帰りの米兵のトラウマに著効があり米軍でも採用されています。

私たちが触れる・触るところから癒すことはできるんじゃないかな。


大塚モスクさんはTENOHASIと一緒にホームレス支援を行っています。


こんな形の国際交流もあり、だと思います!

画像(320x239)・拡大画像(799x599)
画像(239x320)・拡大画像(659x879)

Posted by 五味哲也 at 22時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

FB更新しました。 [日々雑感]

自然堂はりきゅう院のFB更新いたしました。よかったらご覧ください。

https://www.facebook.com/自然堂はりきゅう院-473707299465921/

Posted by 五味哲也 at 12時44分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

久々にケニアの様子を聞きました。 [日々雑感]

先日、友人がアフリカから帰国しました。
彼はアフリカのあっちこっちで立派なお仕事をされています。(なんと、4か国語を話す)

ケニアのナイロビマラソンでマッサージブースは大盛況でしたよ!と話してくれました。
なんと、2時間待ちだったそうです。
日本人はいなかったようでしたから、現地の人だけでやってるんじゃないかな、とも。
私が赴任してから来年でもう10年。

現地の人だけで、視覚障がい者が10年続けてやるってすごいですよね。いや、すごいんです。

感動してしまいました。(^−^)

Posted by 五味哲也 at 09時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

ロボットに仕事が奪われるらしい [日々雑感]

こんばんは。

久々のブログのアップです。
実は、フェイスブックの方のアップがあり…やり方を試行錯誤しながらでブログは休んでいました。

FBは「自然堂はりきゅう院」で検索してください。

あと、FBは書き手としてモチベーションが上がる仕組みがたくさんあるんですねー。
なんかFBを育てる感じと、見てくれている人がいるっていう実感があります。

さて、先日ロボットやAIに人間の仕事が奪われる、というニュースをやっていました。

行政事務や運転手、意外にもメッキ工とか職人系もありました。

とうとう、人間社会に未来のものとばかり思っていたロボットが登場するんですね。

鍼灸マッサージ師の代わりはロボットはできないでしょうねー。いろんなマッサージチェアーや器具は沢山の種類が出ていますが…

でも、プロとしては体が楽になるから来院する、程度の技術じゃあ食えないんですよね。

よく、俺が治した自慢している人がいますが、技術程度で治る病気を治しているってだけです。
自慢することでも何でもない。
楽になるのは当たりまえですからね、患者さんからしたら。

でも、技術でも治らず患者さん自身が病をもちつつ、それを肯定して乗り越えていく過程においてしっかり伴走できる治療家が本物だと思うんです。

癒すという行為は、いわば母親が子供に愛情を向ける、それを受け取る子供の安心感。
そんな感覚に似ています。

ロボットなんかに代替できるわけありませんよね。

Posted by 五味哲也 at 00時48分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

然 -ZEN-

3

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 ZEN All rights reserved.