五味ちゃん先生の診療日誌

患者さんが毎日を明るく、楽しく過ごせる一助になりたいと願っています

バンドン会議の記事 [途上国から]

先日新聞を読んでいたら、「安倍首相インドネシアのアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の60周年記念首相会議に出席とありました」

(アジア・アフリカ会議=戦後の帝国主義に対してアジア・アフリカ諸国の民族自立、平和主義等が話し合われた初の非白人国家だけの会議。日本はアメリカに気兼ねして参加を躊躇していたが、反日の予想に反して日本のおかげで独立できた、と感謝されるエピソードもある)

バンドンという町はインドネシアの首都ジャカルタから車で2時間の距離にある高原都市で、大学も多く、アカデミックな雰囲気でもあり、冷涼な気候からオランダ軍の司令部もあった。バンドンを攻略した日本軍はこれをもってインドネシアを占領する。インドネシアの反蘭感情が強かった為、現地の反日は少なく日本軍の中にはインドネシア独立を助ける者もでた。この時の日本兵は戦後インドネシア政府から冷遇もされたが、のちにインドネシアの英雄墓地に埋葬されている。

私はバンドンと聞くと、日本敗戦後、再占領をもくろんだオランダとインドネシア郷土防衛義勇軍(ペタ)の戦いの場面を得意げに話すインドネシア人を思い出します。

バンドン会議の会議場が見学できるのですが(当時)その時にガイドが勝手についてきて(頼んでもないのに)最後にチップを要求してきました。
チップを払う理由もないのですが、あまりに一生懸命だったので、さすがに悪いよなあと思い、10円ほどのお金を渡した後の彼のがっくりする様子に大笑いした、そんな思い出もあります。

戦後オランダは欧州では最も反日感情の強い国になりました。(江戸時代から付き合いがあるのに)

インドネシアの独立戦争に日本人が参加していた内容の本を読み、その方々が眠っている英雄墓地がなんと私の家のすぐ近くにあり、すぐにお墓参りに行きました。こういった人たちが命を懸けて日本−インドネシアの関係を作ってくれたんですね。

もう亡くなってしまった患者さんにはインドネシアで戦争された方もおりました。
また、インドネシアのスマラン出身のおじいちゃんもおりました。今、思えば当時のスマラン事件(敗戦後の日本軍は武器を現地兵へ譲渡するのを連合軍に禁じられていた。その日本兵と現地兵との武器譲渡をめぐる最大の争い)
についてももっとよく聞いておくんだった…

記事を読んでインドネシアを懐かしく思いました。
現在のインドネシアとの友好関係を感謝すると同時に当時の事を知る戦争体験者のお話が今後直接聞く機会が減ってくるだろうなあ…と思いました。

Posted by 五味哲也 at 20時41分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

ケニア指圧のその後 [途上国から]

呉竹での発表を機会に今、ケニアの指圧はどうなっているんだろうか?
私の生徒たちはどうなっているのか?
気になって、自分なり調べました。といってもオンライン上でですけど。

まず、あれだけ、指圧師団体を作ることを嫌がっていた彼らが指圧師の団体を作ったそうです。
行政への要望や交渉はこの団体を通して話を進めていくそうで、なんと来年には治療院を作る話もあるそうです。

私の一番弟子、ポールは二人目の子供が誕生、家を建てるそうです!私を招待したがってるようで、うれしいです。いつか行きたいなあ…

レアは二人目を出産後は故郷のツゥルカナへ帰ったようです。

エバはマチャコスの治療院を経営しながら学校で技術指導しています。

ジャクソンは就職も決まり貯金しながら、嫁さん探し中とのこと。

他にはアカイは障害者・女性枠で議員になったこと。

知らない間に、彼らだけでここまで進化しているんですねえ。
他の生徒もホテルやスポーツクラブ・出張などそれぞれ仕事を得ているそうです。

すごいなあ…

本当にすごい。

人と話すこともできないほど自信がなかった生徒たちがですよ。

アフリカかあ、スケールでかいなあ…可能性の塊の様な大陸ですね。

Posted by 五味哲也 at 22時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

ベトナムからぶつかった?! [途上国から]

南シナ海が緊張状態ですね。
中国がベトナムからぶつかってきたと主張してます。
ベトナムは映像の証拠があるのですが…

このニュースを見て、インドネシアでの事を思い出しました。

夜、自宅に戻って真っ暗な部屋に入ると…

「こんばんはー」

ビックリしました。誰もいるはずのない真っ暗な部屋に人が立ってるんですから。

階下の住人が合いかぎを使って、空き巣に入っていたんですね。しかも、何かおかしな雰囲気があったので、ドアの内側に洗濯ハサミを並べ、ドアにテープを貼ってたので、だれか侵入している疑念は常にあった訳ですが、決定的な証拠にならないと思っていた矢先でした。

でも、鉢合わせしたわけですから、動かしようがないのですが…



まぎれもない証拠を握っているのに、翌日、彼を問いただすと「俺は知らない、お前が狂ってるんだ!」と主張。
おまけに周囲の人にも、あの日本人はおかしいから気をつけろという始末。

一晩ショックでいろいろ考えて、その当時はまだインドネシアに住み始めて間もないころで、ただただ周りの人にすがるしかなくて、もめ事も起こしたくないし、大ごとにもしたくない。
出した答えは(彼を許そう、きっと反省してもうこんなことはしないだろう。彼だってここに住み続けたいはず。金持ち日本人がいきなり、こんなところに来るから悪いんだ。)

それがこの反応でしたから…
これが途上国か、これがインドネシアかとビックリしましたね。

結局彼はもともと品行が悪かったので、誰も彼のいうことを信用せず、引っ越してしまいました。

でも、国と国は引っ越せませんからねえ…
日本人の感覚は外国では通用しない、というか利用されることもあります。
シビアな対応が時として必要になります。

Posted by 五味哲也 at 06時32分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

インドネシア・変わらないもの [途上国から]

10年前に住んでいた元・職場の学校に行きました。

再訪は正確には5年前ですが、その際会えなかった人もいたので、10年ぶりの再会もありました。

当時(10年前)はジャカルタとはいえ下町風情があり、夕方には子供たちが道路で遊び、沢山の屋台がでて、夕暮れにアザーンが鳴り響き、お祈りに向かう人々を眺めながら屋台のナシゴレンやサテアヤムを食べていたのを思い出します。

しかし、この辺も野戦病院の様だった公立病院が大通り側へ移転し巨大な病院に変わり、古ぼけたモスクが立派なモスクへと変わっていました。

私が鍼灸治療で寄付をもらい、それを学校の全部屋に扇風機を寄付して帰国したのですが、それが今はエアコンに変わっていました!(もちろん全部屋ではありませんが)
台所も冷蔵庫やガスクッカーが増え、私がマンディー(水浴び兼トイレ)する場所はかつて裸電球に、大きなドブネズミとゴキブリの巣窟だったのが、清潔感あふれるものに。

それだけ変化が激しい中で、私の知ってる職員やその家族の顔は当時と変わらず(いや、やっぱり老けてました)、人情にあふれ、おおいに昔話に花が咲きました。
突然現れた私の顔を見た、彼らの顔が驚きから笑顔になる様は私自身も安心しました。

街が変わっても、国が経済成長しても、日本のような社会問題が出ないように、彼らがいつまでもフレンドリーで気さくで陽気なインドネシア人であることを願っています。


彼らもあと3年で定年退職します。
3年後にはもう彼らにこの場所で会うことができないって考えると、さみしい限りです。

画像(320x240)・拡大画像(4608x3456)

職員の皆さん

画像(320x240)・拡大画像(4608x3456)

街の中心部にはセブンイレブン

Posted by 五味哲也 at 15時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

帰国しました。 [途上国から]

今回はセミナーへの参加と治療院に置くインドネシア雑貨の買い出しに行ってきたわけですが、今回はある意味私のインドネシアのイメージを大きく覆させられました。

ジャカルタもバリも物価が上がり、バイクや車が増え異常状態でした。1ツーリストの勝手な見解ですが、経済発展してもインフラや土地の広さは変わりません。
10年程前に開通したジャカルタのトランスジャカルタは渋滞解消のために導入され専用レーンを走るのですが、あまりの渋滞でそこに入り込むバイクや車が後を絶たず、しまいには事故を起こし、トランスジャカルタのバスまで渋滞。

交差点ではそれぞれが行きたい方向に渋滞をおこし、フリーズ状態。

物価はバジャイやベチャといわれる庶民の足(三輪タクシーや自転車タクシー)が10年前の10倍の値段です(その点タクシーは当時とそれほど変わらないので、タクシーのほうが安い)

インドネシア人の最低年収も10年前の2倍以上(2万2千円ほど)になってはいますが、スマホは7−8万円するし、物価が上がってるので生活は大変だそうです。スリなども増えているようです。

日本の小売産業の進出も目を見張りました。

経済発展っていろいろゆがみを引き起こしますね。

Posted by 五味哲也 at 05時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

然 -ZEN-

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 ZEN All rights reserved.