五味ちゃん先生の診療日誌

患者さんが毎日を明るく、楽しく過ごせる一助になりたいと願っています

2016年03月09日(水)

「KAYA鍼灸院」のご紹介 サイト「みんなのはりきゅう院」メンバー [鍼医から]

「鍼灸をもっと知ってもらいたい!」を合言葉に

情熱派・鍼灸師の共通サイト「みんなのはりきゅう院」(現在、鋭意作成中!)のメンバーの紹介です。

その中の企画の一つ、「突撃!鍼灸院訪問!」(仮称)で私と一般女性の2名で鍼灸院を訪問し、院長にインタビュー。
一般女性には治療も受けてもらいます。でも、それだけでは見えにく部分を鍼灸師である私が補います。


それぞれの視点で、現代の謎空間「鍼灸院」を掘り下げてレポートする企画。

「KAYA鍼灸院」http://kaya-hari.com/はJR平塚駅から徒歩、7−8分のところにあります。

広々した空やまっすぐ海まで続く道に、湘南っていいなぁぁぁ・・・って同業者ながらに思ってしまう。(ちょっと嫉妬・・・いやいや板橋もいいとこありますけどね笑)

彼女の治療方法を説明しますね。

彼女の師匠は「積聚治療」の流れを汲んでいます。
「しゃくじゅ」って読みます。
主にお腹と背中を重視して治療していきます。

使用する鍼は「銀鍼」1寸・・・と言ってもわかりませんよね。

銀鍼は非常に柔らかく、曲がりやすい。
ちょっと力を入れると鍼尖もすぐ曲がっちゃう。

1寸というのは鍼としては短いのですが、手の大きさにFITするので扱いやすいです。

しかも、鍼管を使いません。鍼管を使わずに銀鍼を刺入していくのは精神を集中し高い技術が要求されます。
正直、私はできません('◇')ゞ

と言っても、鍼を入れていくという意識より、体が鍼を要求すれば、自然と吸い込まれていくものと、彼女は説明してくれます。そして、そういう場所がツボだと。

深さも体が必要とするところまで自然に入っていく。
入れよう、入れようとすると、肩に力が入り、「気」が入りにくい。

砂が水を吸い込むように、適度にうるおいを持たせてくれる・・・そんなイメージでしょうか。

様々な方法や流派が鍼灸界には存在しますが、柔らかい方法のうちの一つです。日本で生まれた流派です。
お灸も細かくもぐさをよって、緩和させつつ行うお灸なので気持ちよく受けられます。

彼女の身体観や考え方も大変面白いので、是非直接たずねてみてください。



次回「KAYA鍼灸院」をさらにフカボリします!








画像(320x240)

シンプルな内装の治療院です

画像(320x240)

1階にあるおしゃれな鍼灸院です!

画像(320x240)

銀鍼って難しいよねえ

Posted by 五味哲也 at 00時03分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.harizen.jp/blog/tb.php?ID=649

ページのトップへ ページのトップへ

3

2016


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 ZEN All rights reserved.